小樽アンワインドホテル&バーのランチは、豪華なのにリーズナブルと最高です!!

小樽の観光の中心から
少し北側にある
歴史ある建物をリノベーションした
ホテル、アンワインドホテル。

北海道で初めての外国人専用ホテル
として昭和6年に建てられた
旧越中屋ホテルが
クラシックホテル→アンワインドホテルと
変貌してきました。

立派な内装は、ほとんどが
昔のままの姿で残されていて、
当時の建材のすばらしさを
観賞することができます♡

このホテルの1階にあるダイニング
THE Ballで
ランチをいただけるということで、
早速予約してみました!

以前、こちらに宿泊したことがあるのですが、
あまりの素敵さに、絶対また来る!と
誓った!?ので、ランチができるなんて
うれしい限りです^^

これは、何度でも来れそう^^

 

小樽のホテルランチで、リーズナブルにコース料理が出てくる
アンワインドホテルはすごいっ!!

こちらのランチは、
土曜、日曜、祝日のみの営業なので、
たまたま友人と土曜日に出かける
ことになっていたので、
早速予約してみました。

ランチは予約のみです。

電話で予約しました。

あの素敵な空間でお食事ができると
思うと、もうワクワクが止まりません<

建物もほぼ昔のままの姿です。

入口を入ると、頭上に
大きなステキなシャンデリア。

脇の手すりも大理石で
高級感が漂います。。。

ドアを開けると、
真正面にダイニングルームが。

左側には、ライトアップされた
おしゃれなバーがあります。

入口にいたスタッフの方に
ダイニングバーに通され
窓際の席へ。

そうそう!このステンドグラスの
美しい窓!!

もう100年近くにもなるというのに、
変わらず鎮座しています。。。

このガラスを見るだけでも
美術館にいるようです^^

木漏れ日を浴びながら、
まったりとした空間です。。。

テーブルには、こんな気遣いが!

気分が上がりますね^^

カップルで記念日にお食事などの際に、
予約を彼女の名前にしておくと
彼女が喜ぶのではないでしょうか^^

 

もう、テンション上がりっぱなしです^^

 

メニューは、2000円のメニューを
予約していたので、

こちらのメニューが用意されていました。

パスタは選べるようですので、
シェフのおススメにしました。

まずは、前菜

バケットにキッシュ、うにのテリーヌ
などなど、見た目にもキレイ

手をかけて作ってくれています。

シェフのお任せパスタは、
海鮮パスタ

ベビーホタテとあさりがたっぷりと
入っています。

あっさりしていて美味しい^^

パンがついてきます

そして、メインが
北海道地鶏モモ肉と胸肉の二つの味が楽しめる
ひと皿

お肉が臭みもなくて食べやすく
アップルジンジャーソースも美味しい!

ボリュームあってお腹いっぱいになります。

そしてデザート

見た目には、普通ですが、
味がいい!!美味しかったぁ!

〆はホットコーヒー

カップがかわいい^^

飲み物は、珈琲が飲めない方は
あらかじめ伝えるとよいかもです。

 

静かな素敵な空間で
ゆっくりまったりと
美味しいお食事がいただけて
なんて優雅なのでしょう!!

窓から見える樹木もキレイに手入れ
されていて絵になります。

ずっとここにいたい気分です。。。

 

これで、2000円(税別)
ってすごすぎです<

 

小樽アンワインドホテルは、小樽の歴史が見れる見どころ満載のホテル

こちらのアンワインドホテルは、
100年近く経つ建物で、当時の
建築が垣間見える貴重な建物。

ダイニングバーの円柱の柱

二階へ上がる階段も昔のままのようです。

立派な石は御影石かな!?

本物というのは、存在感が違いますね<

現代では、これだけのものを造ることは
なかなかできなくなっていますよね<

壊されずに、こうして受け継がれていく
ことは、本当にありがたいことです。。。

お食事のあと、ふと見ると
宿泊客がチェックインするお部屋に
火がともっているのを発見!

じっと見ていたら、男性のスタッフの方が
近くで見てもいいですよ、と声をかけて
くださり、お言葉に甘えて近くへ。

暖炉のように、火がつけられるのですね~。
なんだか、ホッとします。。。

 

小樽アンワインドホテルでランチも
おススメだし、宿泊も本当におススメです。

宿泊記はこちら
https://otaruguide.com/314/

 

今度はいつ来ようかな。。。^^

 

小樽アンワインドホテル&バー

住所:北海道小樽市色内1丁目8−25

電話:050ー3628ー1983

営業時間:ランチ 土曜・日曜・祝日(予約のみ)

駐車場:ホテル裏にあり(事前に確認必要)

タイトルとURLをコピーしました