小樽のプレスカフェは北運河にある石蔵をリノベーションしたカフェ

小樽運河は有名ですが、
北運河はまだ
行ったことがない方も
多いかと思います。

小樽運河の北側、
札幌と逆方面へ行くと、
昔の運河の名残りがある
情緒ある風景を見ることが
できます。

小樽駅からは、徒歩15分ほど。

イカ釣り船が並び、
石畳とガス灯が
いい雰囲気。。。

運河沿いに歩いていくと、
右に北浜橋が、
左側に、石蔵が連なった建物が
あります。

こちらが、
PRESSCAFE(プレスカフェ)。

旧渋沢倉庫だった建物。
明治時代の建物です。

立派な建物ですね~!!

いまでは、倉庫をリノベーションした
カフェは多くありますが、
PRESSCAFE(プレスカフェ)は
平成18年オープン
ですので、先駆けな存在ですね。

スポンサードリンク

小樽のプレスカフェの店内では車の展示会も?!

PRESSCAFE(プレスカフェ)の
お店の前には、いくたびに、
めずらしい車が展示されています。

いまでは、あまり見たことがない、
英国製のヒストリックカー。

プレスカフェさんは、
1960年代を中心とした
英国製のヒストリックカーを扱う
ガレージのカフェです。

赤い看板は、以前札幌でお店を
されていたときのものだそう。

こちら小樽では、平成18年に再オープン
しました。

中へ入ると、店内にも
ヒストリックカーが展示されています。

展示されているヒストリックカーは現役で、
販売もしているそうです。
販売後のメンテナンスやサポートもしてくれる
ようです。

解放感ある大きな高い天井

カウンターもあります。

カウンターは5席、
2人掛けテーブルが4卓、、
4人掛テーブル5卓、
6人掛テーブル2卓と。
45人も入れます^^

窓際の4人掛けのテーブルへ。

窓からは、お向かいの
北運河が見えます。

メニューは、
北インド風チキンカリーや、キーマカレー
スパゲティがメインで、
ケーキやスィーツは、
すべて手づくりで
チーズケーキやガトーショコラ、
ロールケーキ、クリームブリュレなど
があります。

今回は、友人らと
夕食後に寄ったので、
ティラミスパンケーキ(1100円)を
注文してみました。

カカオパウダーがたっぷりとかかった
ほろ苦い大人のパンケーキ?!
3枚で弾力ある昔ながらのホットケーキです。


クリームがバタークリームみたい?で
ココアパウダーと合います^^

珈琲も、
スペシャルティ珈琲豆を1杯ずつ
ペーパードリップで淹れています。

平日はランチタイムもあり、
11:30~15:00まで、
サラダ、ドリンク、プチデザート付で
カレーやスパゲティがいただけます。

解放感ある歴史ある倉庫のカフェで、
ゆっくりと時間が流れます。。。

小樽の観光がてら、
立ち寄ってみてはいかがでしょう^^

カップルにもオススメですよ^^

駐車場は、お隣の敷地に
20台あります。

Press cafe’プレスカフェ

住所:北海道小樽市色内3丁目3−21

営業時間:11:30~22:00
[土曜日]
11:30~25:00

定休日:木曜日

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする