小樽の海陽亭は、財界人や著名人が集った料亭だった!!

旧魁陽亭の海陽亭は、

小樽の歴史的建造物第2号

明治初期に開業した料亭で、
150年あまりの歴史があります。

おそらくは、道内で一番歴史ある
料亭と思われます。

明治39年11月、
日露戦役による樺太国境画定会議後の
大宴会がここで開かれました。

☆ポーツマス条約後の樺太の国境画定かくてい会議

 日露戦争で勝利した日本は、ポーツマス条約により樺太の北緯50度以南が割譲かつじょうされました。日露両国は明治40年度の国境線画定(北緯50度線)の作業の進め方についての会議を小樽で開催しました。これが、「樺太国境画定会議」です。

 この会議に先立ち、測量方法、境界標石ひょうせきの表示方法、作図の確認方法など、国境を定めるための会議がアレクサンドロフスク(現ロシア・サハリン州)で、1906(明治39)年6月から数回にわたり行われました。しかし、実地作業の期間が短かったため、細部は作業の進捗しんちょくとともに決定していきました。

 こうして国境画定会議は1906(明治39)年11月13日~21日の間に4回開催され、最終的に7項目からなる規約を協定して終了しています。

旧魁陽亭は、小樽の日本郵船で

日露戦争の勝利の調印がなされた後
の祝賀会が開かれた料亭なのです!

なので、伊藤博文がこちらへ
来たのですね。

スポンサードリンク

海陽亭は小樽の歴史的瞬間が繰り広げられた料亭

海陽亭

花街があった小樽にも財界人や著名人が
集った料亭が残されていたのですね。

魁陽亭から開陽亭、海陽亭と名を
変えてきました。

海陽亭

現在は、お食事ができるそうですが、
通年ではないようなので、確認が必要です。

2015年に一度、海陽亭の中の見学と
お食事で入ったことがあります。

海陽亭

海陽亭は小樽のオルゴール堂の
すぐ脇の坂を上がってすぐ左に
奥まった小高いところにあります。

海陽亭

明治の建物ですからね<
さすがに、木材の色も経年の
味が出ています。

開陽亭

入口を入って左に廊下があり、
1階の広間でお食事をいただきました。

海陽亭広間

大きな開放的な窓からは、
新緑が見えて気持ちがよいです。

こちらで、ランチのお弁当をいただきました。

まぁ、普通のかんじです^^
雰囲気を味わうといったかんじですね。

お食事を終えて、広間を見てまわります。

照明

普通の和の照明と思いきや・・・。

照明装飾

キャーっ!!ゴキブリ!!?
ではありません< コオロギが。
なんと洒落た?装飾でしょう^^

廊下に並んだ提灯がまた時代を
感じさせます。

時代劇みたい^^

海陽亭の大広間は何畳あるの?!こんなの見たことない!!の間

そして、大広間のある二階へ。

2階大広間「明石の間」は、
明治29年大火類焼時の再建と推定されています。

これはすごかった!
度肝を抜かれます。

ジャジャ~~ン!!!

海陽亭大広間

この大広間はかなりの広さで
160畳だったかな?

大・大・大宴会ができますね^^

この3色の天井の布はもともとは
紅白だったものを、
石原プロの映画の撮影のときにグリーンも入れて
そのままにしていったのだそうです<

この料亭で芸者さんが200人近くいて
接客されていたようです。

小樽芸者衆

圧巻ですね<

こちらの書によると、
芸者衆は400人~500人とも
いわれ・・・とありますので、
交代で接待していたのですね。

有名人、著名人がたくさん
訪れたみたいです。

伊藤博文や石原裕次郎、岡本太郎、長嶋茂雄、
歴代の総理大臣からアランドロンまで~!

当時の様子を見てみたいものですね~^^

こちらは、伊藤博文の書なるものが。

伊藤博文の書

大広間の窓も素敵。

茶室もまた素敵!!

開陽亭茶室

日本らしい絵になるフォトスポットが
満載の建物ですよ!

個人的には、
こちらの几帳の生地がすごいのなんのって<

几帳
羽二重かな。
今なら100万は軽く超えるでしょう。
すばらしい光沢、肌ざわりです。

時代がタイムスリップしてしまうような、
素敵な空間で、
昔の小樽の栄華の時代に
思いをはせることが
できる場所です。

開陽亭大広間

一度は見て損はないとおもいます!

超おススメの場所です^^

小樽 海陽亭(旧魁陽亭)

◆住所:小樽市住吉町4−7

◆営業時間:問い合わせの上、来店ください。

◆電話番号:0134-32-4111

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする