小樽デートにも!!日帰り温泉とランチを気軽に楽しめる豪華旅館、銀鱗荘

小樽には、温泉も豊富にあります。

朝里川温泉が有名ですが、
旅館銀鱗荘も本物の温泉が
沸いています。

平磯温泉です。

平磯公園がこの建物の下に
ありますね。

日帰りですが、
宿泊しなくても温泉に入れる
日帰りプラン
があります。

ありがたいですね~!!

こちらの宿泊は3~4万円くらいしますから<

ランチのフレンチをいただいた後に
温泉タイムを楽しむことができます。

寒い冬には、あったまるし、
夏は汗を流してビールで湯ざまし・・・!?

女子会やゆっくりしたいカップルなどにも
いいですね^^

小樽の旅館、銀鱗荘のランチはフレンチのコース料理

冬の最中に、友人と温泉に入りたくて
こちらを予約しました。

事前に予約が必要です

フランス料理と温泉のセットで3千円(税別)~です。

コースが3種類あり、温泉がついた
ランチコース 3000円・3980円・5000円
とあります。

今回は、初めてなので
3000円のコースにしました。

駐車場からの眺めも最高です!!

こちらから見る夕日も素敵ですよ~!

こちらは、銀鱗荘旅館の入口。

右側に、レストランの入口があります。

素敵な門構えです^^

上を見ると天井にはステキなシャンデリア!

テンション上がります~^^

玄関に入ると、スタッフの方がお出迎え
してくださいます。

右のショーケースには、豪華なツボ?!!

レストランは、落ち着いたかんじ。

大きな陶器の壁が凄いっ!!

家具はニトリの家具かしら!??

この建物は現在は似鳥の会長が買い取っています。

もとは、明治33年に余市町に建てられた鰊御殿を
昭和13年に現在地へ移築したものです。

豪邸の様子は、食事のあとの
お風呂がある棟の休憩室などに
見ることができます。。。

まずは、ランチをいただきます。

前菜が運ばれてきました。

プリプリのエビのサラダに、
白身魚が。

美味しいです^^

メインはお肉料理。

余市産の麦豚バラ肉のやわらか煮込み

こちらの豚肉は人気ですね。
ホント、柔らくて美味しいです~^^

そして、デザート

ルバーブ(野菜)のジェラート

変わった味だけど、あっさりして
おいしい^^

締めくくりは、お飲み物が
選べます。

紅茶にしましたが、なぜか

おしゃべりに夢中になりすぎて?
写真を撮り忘れてしまいました<

お腹8分目のコースですが、
お風呂の前だからこのくらいで
いいのかも^^

スタッフの方に促され、
温泉へ。

銀鱗荘の温泉は、露天風呂から海がまる見えで気持ちいい~!

ランチのあとは、母屋につながる廊下を
わたり、温泉浴場へ。

スタッフの方が案内してくれます。

こちらの建物が、鰊御殿の母屋になるのかな。

昔のいい木材が使われています。。。

階段を下りると、温泉浴場があります。

ここからは、撮影できませんが、
脱衣所もそこそこな広さで
内風呂と露天風呂があります。

内風呂は昔ながらのタイルで、
真ん中に噴水?!があります。

外へ出ると大きな露天風呂があり、
目の前には大海原が広がります。。。

とっても、リラックスできます。

温泉も、岩の端からブクッ、ブクッと
元気よく?!沸いています。

なかなか、こんなブクブクは見たことが
ありません。

温泉~っ!!てかんじです。

お湯の温度は少し高めかな。

脱衣所に、温泉について詳しく書いた分析書がありました。

ナトリウム塩化物強塩温泉で、
無色、透明、無臭です。
が、ブクッブクッと元気よく
沸いています^^

いい湯でした~!!

温泉の後は、2階のラウンジで
休憩することができます。

階段を上がるとそこには・・・

大きなぶっとい梁~!!

これは、お見事です!!

こちらのラウンジでゆっくりできます。

ドリンクもセルフサービスで
自由に飲むことができます。

ミネラルウォーターや、各種お茶が並んでいます。

WiFiもつながります。

ホントにすごい太いごっつい梁!!
この梁を見ながら、お酒が飲めちゃうわ^^<

今では、こんな梁ないものね~。

木がまず、伐採されてしまい
なくなりつつありますよね<

さきほどの、1階のレストランの
廊下が見えます。

AM11:30~PM15:00まで、
あっという間の時間でした<

こんな素晴らしい建物で、
美味しいフレンチをいただき、
元気な温泉?!にも
入れて、よい景色に癒され
サイコーでした!

また、ゆっくりしたいときに
こようと思います^^

銀鱗荘

住所:〒047-0156 北海道小樽市桜1丁目1−13

電話:0134ー54ー7010

駐車場あり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする